MENU

アフターピルは薬局で市販されれる?安く通販購入はできる?

アフターピルはモーニングアフターピルとも呼ばれています。能力の目的として、性交のち24時間以内の飲用すれば約95%の確率で避妊が可能とのぼる不時避妊薬だ。通常のピルは能力がまるで違う。

 

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

 

アフターピルが必要な時はこんな時

アフターピル,値段,処方,薬局,市販コンドームが破けてしまった
アフターピル,値段,処方,薬局,市販懐妊を望んでいない間
アフターピル,値段,処方,薬局,市販相手に断れず避妊ツール無しで性行為を通じてしまった時
アフターピル,値段,処方,薬局,市販懐妊に対しての心配があった間

 

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

 

アフターピルが通販で売れている意味
国内の産婦人科でアフターピルを処方して頂く状態、来院処方で要る代価は約13,000円~15,000円レベルと言われております。 保険適用外になる上に、高額になる。また処方の計測も残ってしまう。

 

そんな中で通販でアフターピルを購入すると、値段も安く、即日配送でアッという間に行きつく結果、女性が自身の体の事を考えて、常備始めるほうが増えています。

アフターピル売れ筋比較ランキング

アフターピルを通販で購入する魅力

病院へ行かずにアフターピルを購入する事が出来る

病院でアフターピルを処方して貰う事態、先生による処方せんが必要になります。

 

処方せんを押し出す為には、病人においてアフターピルが必要なランクかどうかを先生が確認しなければなりませんので、本当に来院して診療が必要となります。

 

アフターピルを常備用として購入する事が出来る

先生の医療でアフターピルの処方が入用といった判断された事態、その場で使用する1回分だけを処方してくれます。

 

常備用として処方はしてくれませんので、アフターピルが必要になった時は、病院にその都度通わなくてはいけません。

 

アフターピルを常備用として購入する事が出来る

国内の産婦人科でアフターピルを処方して頂く事態、診療処方でかかる料金は約13,000円~15,000円状況と言われております。

 

保険適用外になる上に、高額になる。常備用の処方が出来ない結果、その都度約13,000円~15,000円程度の費用がかかります。

 

通販を使って、病院で処方罹るお薬って同効果のアフターピル(アイピル)を購入した事態、1回分ところの売値は【810円~1,213円】程度で堅持OKだ。

 

誰にも知られずに、アフターピルを購入する事が出来る

病院を受診した事態、アフターピル処方の文書が残ります。通販でアフターピルを購入した事態、私的を厳守して受け取る店頭を選べば、誰にも知られずに購入出来ます。

以下で紹介するアフターピルは知名度も厳しく、日本の産婦人科も処方され、購入しやすい儲け順にしてあります。

アイピルはモーニングアフターピルと呼ばれる事変避妊薬で、LNG法(新アフターピル)は性交以下24時間以内の取り入れで約95%で避妊がOKという証拠見聞があります。
和風初の事変避妊薬として販売されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品だ。
コンドームが破けてしまった・妊娠を望んでいないうちなど、避妊失敗ときの急場などに活躍する避妊薬だ。

 

アイピルは日本で『ノルレボ錠』という資格され販売されている事変避妊薬のジェネリック医薬品だ。
ノルレボは一般的に病舎や病院などでで処方罹る事変避妊ピルになります。
そのノルレボの元ってほぼ同じであるi-Pill(アイピル)は信頼性の高い事変避妊ピル・アフターピルだ。
同元につき、同等のセーフティって効果があります。主にプロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる舞台の薬だ。
黄体ホルモンがカラダバランスをコントロールし、卵巣からの排卵を免除させ妊娠を防ぐ効果をします。また、既に排卵している時は、その卵子って精子の受精を防ぐ効果があります。

 

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

マドンナ(Madonna)は急場避妊薬(アフターピル)で以後ピルという姓名も呼ばれている避妊薬だ。
日本国内では同様の事変避妊薬で、ノルレボのジェネリック薬だ。
通常のピル(避妊薬)はテンポでデイリー服用しなければいけませんが、事変避妊薬はコンドームが破けてしまった等の想定外の事象で、望んでいない妊娠の可能性が出てきた時や避妊の確率を上げたいまま、ホルモンバランスを乱して妊娠を防ぐ為の避妊薬だ。

 

急場事柄ですので、カラダに不安もかかりますので常用する事は出来ません。 最近では、ご自身の体の事を考えてえて、急場の為にと事変避妊薬を常備やる女性がハード増えております。

 

日本国内の産婦人科で事変避妊薬を処方して貰う事態、ノルレボの処方が多いですが、診療料という処方箋とお薬代で10000円程度の費用がかかりますので、10%程度の売値を通じて購入する事が可能です。

 

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

アンウォンテッド72(Unwanted72)は急場避妊薬(モーニングアフターピル・以後避妊薬)呼ばれている、通常のピル(避妊薬)はテンポでデイリー服用するタイプの避妊薬とは違い、唯一の性交後に避妊効果のあるお薬だ。
コンドーム使用時の避妊比率は80%状況と言われています。モーニングアフターピルは、「予期せぬ事が起こってしまい、避妊が出来なかった」「コンドームが破けてしまい、避妊出来なかった」等の想定外の事象で、性交後に避妊をしたい場合や妊娠を避けたい事態などに、ホルモンバランスを調整する事で妊娠を防ぐ為の避妊薬だ。
事変避妊薬を常用する事は出来ませんので、避妊を続けたい人物は低サイズピル等の常用するタイプをご使用ください。

 

日本国内では同様の事変避妊薬では、「ノルレボ錠」がありノルレボと同じ有益元です、「レボノルゲストレル0.75mg 」が配合されています。
アンウォンテッド72(Unwanted72)はノルレボジェネリックだ。
海外ではピルはポピュラーな物であり、薬局で手軽に買う事が可能なお薬だ。
日本国内では薬局で購入する事は出来ない結果、産婦人科で事変避妊薬を処方して貰う場合は、ノルレボの処方が多いですが、診療料という処方箋とお薬代で10000円程度の費用がかかりますので、10%程度の売値において購入する事が可能です。

 

コンドームに穴が開いていた?アフターピルも手元にない!

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

結婚してからも営業を続けていて、アッという間に子供ができるという営業に面倒が出てしまうので、ちょっとはちびっこを作らないと夫婦で話し合ったいました。そのため、夜の身の回りのときはいつもコンドームをつけてしっかり避妊を通じていました。

 

コンドームをつけていても万一のときのためにピルを服用していたのですが、ピルがきれてしまい、産婦人科に行かなければいけないと思いつつ、色々忙しない太陽が続いていたので、産婦人科に行くことができずにいました。

 

ピルを飲んでいなくてもコンドームをつけていればバッチリ避妊ができるだろうと思っていたのですが、とあること、活動の後に父親がはからずもコンドームに穴が開いていたかもしれないと言い出しました。

 

コンドームを外したときにちっちゃな穴が開いていたような感じがしたけれど、はっきりとは確認ができなかったので、はからずも何の障害も弱いかもしれないと言っていたので不安になりました。

 

一概に時間をとって産婦人科をめぐってピルを服用していればよかったって後悔しました。

 

穴が開いていなかったかもしれないので、とっくり避妊ができていたという可能性もあるのですが、今妊娠してしまうと企業に大きな迷惑を掛けてしまうので、今妊娠しては参るといったきつく思うと恐怖になってきました。

 

父親は大丈夫だろうとのんきなことを言って意外と気に留めていなかったので、こんな父親のことにも腹が立ちました。いかんせんと考えていたときに、何となくアフターピルを持っていたことを思い出しました。アフターピルは、活動の後に服用するピルだ。

 

産婦人科で受胎は計画的に行いたいということを話していたら、医師が万一のときのためにってアフターピルも処方してくれていたのです。その後ピルを呑み続けていたので、こういうピルを飲み込むことはなく、持ち出しの中に入れたままにしていました。

 

そのサイドを思い起こしたので、ピルを取出し、簡単な仕様がついていたので目を通しました。アフターピルは、活動のその後72時間以内に服用しなければいけないといった書いてあったので、アッという間に服用しました。

 

のち、12時間後にさらに服用するようになっていたので、12時間後にもはや1粒を服用しました。これで大丈夫だろうと思ったのですが、でも生理が来るまでは不安でした。

 

正に生理が来るまでは妊娠していたらいかんせんってそのことが常に頭の中にあったのですが、それから2ウィークくらいで生理がきたのでイージーしました。万一のときのためにアフターピルを持っていてよかっただ。

アフターピルの知識をつけましょう

その後避妊薬(アフターピル)の効果
~性行為後の時間プロセスという効果~
■性行為後から24時間以内の事 : 約95パーセンテージ以上の受胎管理の効果
■性行為後から25~48時間プロセスその後 : 約85パーセンテージの受胎管理の効果
■性行為後から49~72時間プロセスその後 : 約58パーセンテージの受胎管理の効果
上記のように過去の避妊がエライ臨床通知に基いて記載しております。
※性行為後からのプロセス時間が経つにつれ、その効果の管理パーセントは下がっていきますので、気づいたらお早めに服用することをオススメ致します。

 

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

 

アフターピルの主な副作用
基本的には、どのアフターピルにも同じ副作用がありますが、アフターピルにて相当ことなる場合もありますので、購入前には確認をしてから購入して下さい。

 

・吐き気
・胴の痛苦
・倦怠感
・頭痛
・曲事子宮出血
・生理チェーンの乱雑

 

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

 

のみ合わせによる副作用

 

下記の場合はご注意下さい
■受胎間の手法は実行できません
■他の加療を受けられておる手法

 

服薬前に必ずや医師にご相談下さい。

 

以下の副作用が報告されていらっしゃる。
■おなかの痛苦・膨らみ
■倦怠感
■嘔吐
■むくみなど

もしもの時を想定してアフターピルを一つは持っておく

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

 

下の子供がいまだに1歳だったあたり、きちんと避妊を通じていたつもりでしたが、私の中でコンドームが破れてしまった事がありました。たまたま破れたコンドームの破片は除く事が出来ましたが、膣一種射精をした状態には変わりありません。

 

そこで僕は避妊に失敗した時様に用意しておいたアフターピルによる事柄にしました。さっさと飲もうと思ったのですが、実際に探してみるとありません。

 

なのでそれとなく思い起こしたのは、少し前に使い切っていたに関してでした。これから注文しておこうかな、と思った通り、放置していて手元にはアフターピルがないコンディションとなってしまいました。

 

このまま放置しておくのも非常に怖かったので、翌朝アッという間に産婦人科に電話をしたところ、ピルを処方できるという話でした。なのでとっとと産婦人科をめぐってピルを処方もらい、結局は懐妊せずに済んだ、という事があります。

 

私の場合は断じて頻繁にアフターピルを飲み込むわけではないので、ストックが家には無くても意外と参るは今まで一時払いもありませんでした。

 

ですからまた他の物を注文する時に一緒に注文しておけば望ましい、その程度に思っていて、丸々放置してしまったというのがマターの原因だ。

 

また、コンドーム本人もしょっちゅう使っている感じ売り物だったので、破れてしまうという事も想定していませんでした。想像していなかった事柄、考えていなかったことが重なってしまって、結局はオタオタとして焦ってしまった事があります。

アフターピルを常備しようと心に誓った体験談

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

 

男性友達の家で遊んでいたときのことなのですが、お酒を飲んでいたら二人両者機嫌が高まってしまってそういった感覚になってしまいました。

 

幾らか良いなとしていた相手方だっただけに、自分の方もまんざらではなく自然とエッチをすることになったのですが、コンドームが1つしかなくてそれを附けるのに失敗してしまったのでいかんせんに関してになりました。

 

傍は遠慮して忍耐しようとしていたのですが、ここまできて出来乏しいのは可哀相だと願いそのままでいいと言ってしまったのです。

 

案の定外部に射精を通じてくれるものだとしていたのですが、友達には中で出していいと受け取られてしまったようで腹一杯中に出されてしまいました。

 

やられたと思ったのですが、酔っていたこともあってこれはこれでいいかもと考えていたのですが、昼前になって良いが覚めた場合青ざめてしまいました。

 

旦那も薄い相手方のキッズを懐妊したらどうしようかという不安になってしまったのですが、その時はアフターピルなどのことを考えずに単に慌てるだけでした。

 

そうして、アフターピルの効果も効かなくなってしまった時にはじめてあとから避妊をすることができる薬があるって知って、余計に失敗したとしてしまったのです。そしたら生理が来るまではほんとに不安な四六時中でしたが、予定通り生理が来た時にははなはだホッとしました。

 

自分が甘かったのみが、機嫌に流されて専らエッチをしてしまうようではいざというときのためにアフターピルを持っていたほうが良いと思うようになりました。

アフターピルを使った経験

アフターピル,値段,処方,薬局,市販

 

アフターピルによる経験があります。

 

付き合っていた女房がいて、これから成婚したいとは思っていましたが、役割が忙しかったので依然として独り身で役割中心の身の回りをしたいとしていた時代に性交渉をした拍子、女房のコンドームが破れていたことがあります。

 

坊やができないように私も女房も気をつけていて、毎度きちんと避妊を通していたのですが、その時は知らず知らずのうちにコンドームが破けていて、仕打ちが終わってからそのことに気づきました。

 

最初体温をつけていたわけではないのですが、月々頑として生理頻度が整っているパーソンなので排卵日光が先回りでき、ちょうどその時は排卵日光にあたる間でした。

 

質婚をした身近も少なくないのでこちらたちはそうならないみたい気をつけていた気ですが、この時ばっかりは焦りました。

 

翌日に役割の半休を取り、早朝で女子科を受診してアフターピルを処方してもらいました。

 

妊娠を回避できるアフターピルのことは身近から聞いたことがあったのでそのものは知っていたのですが、買い方がわからなかったので住まいの近所にある女子科に調整に行ったらそこで処方してくれたという流れです。

 

アフターピルは以前に比べると吐き気などの副作用は少なくなっているものの、人によってはまったくそれが生ずることがあるので共々吐き終了の薬も処方してもらいました。

 

性ネゴシエーションからの時間が経過すればやるほど効果が少なくなっていくと聞いたので、家に帰ってアッという間に服用しました。

 

それなりに吐き気はやってきましたが、吐き終了も一緒に飲んでいたこともあって役割に差しさわりがあるほどではありませんでした。

 

アフターピルの効果は100%ではないって説明されていたので、正真正銘次の生理が来るまでは思いが思いではありませんでした。

 

も、通常真意日光にとっくり生理がやって来たので、アフターピルを飲んでおいて良かったと思います。

 

保険適用ではないので8千円ほどってより高額でしたが、でも飲んで良かったって思えます。

このページの先頭へ