MENU

アフターピルでどういう効果が得られるの?

仕掛けお日様と呼ばれるお日様に性行為をやり、結果として避妊に失敗してしまい、窮地事態に飲み込むピルのことをアフターピルと呼びます。通常のピルは長い時間をかけて服用する結果、濃度も悪いプランとなっています。

 

アフターピル,効果

 

ただし、アフターピルの場合、その効果を直ちに発揮しないことには一大結果、濃度が濃くなってある。

 

アフターピルを飲み込む時による効果として、子宮に着床しないように始めるというものがあります。通常、性行為を行うと、何も避妊などを施さなかったところ、数日かけて子宮メンタル膜に着床行う。

 

子宮メンタル膜に着床した具合を妊娠という結果、子宮メンタル膜に着床しないようにやる必要があり、そのためアフターピルを飲み込むことになります。子宮メンタル膜を何だか強制的に剥がすことになり、アフターピルを服用すると数日以内に生理が訪れます。

 

とはいえ、生理にも個人差があり、直ちに生理が回る個人もいれば、なんだか生理が訪れない個人もある。このため、アフターピルを飲んだとしても避妊の体感を得られる間は人によってかなり違うのです。

 

注意点として、アフターピルには血を固まらせる効果があり、タバコをしている個人が服用すると心臓異変などスゴイ問題を起こすことが考えられます。費用としても10000円ほど罹り、医者への話などをしたうえで出してもらうことをおすすめします。

 

また、排卵お日様前述であれば効果が直ちに浮き出る先方、排卵お日様の先々だとどうにも出血が起きず、ヤキモキする日毎が貫く結果、こうしたことも自制に入れておく必要があります。

 

アフターピル表紙へ

このページの先頭へ