MENU

通常のピルと非常避妊薬のアフターピルの違いは?

通常のピルという不時避妊薬のアフターピルには明確な違いがあります。

 

通常のピルは「低キャパシティピル」に関しまして経口避妊薬(OC)とも呼ばれている。

 

低キャパシティピルには卵胞ホルモン(エストロゲン)という黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのおばさんホルモンが配合されてあり、これらのホルモンが脳の下垂ボディーに働きかける結果懐妊を回避するメカニズムになっています。

 

脳の下垂ボディーからは「卵胞負荷ホルモン」が分泌されており、こういうホルモンの機能にて卵巣内に起こる卵胞の生育が促されます。

 

低キャパシティピルを飲むと元来脳の下垂ボディーか分泌されるはずの卵巣負荷ホルモンの分泌が阻止され、こういう結果として卵胞が成熟しなくなる結果、排卵が起こらなくなります。

 

排卵が起こらないは子宮に卵子が届かなく変わるので、精子がやってきても受精せず懐妊に至りません。

 

また、卵胞負荷ホルモンの分泌が抑制されるといった、おばさんのボディーは懐妊一筋に切り替わらず、子宮頚管が精子をパスさせづらく変わると共に、子宮内に受精卵が着床しにくい状態になる結果、高確率で懐妊を防ぐことができます。

 

経口避妊薬は基本的に一年中決まった時間に呑む結果良い避妊レートを実現するという薬であり、正に呑み積み重ねる結果99%以上の確率で懐妊を防ぐことができます。

 

しかし、途中で薬を呑み忘れたりするなど規則正しく投薬できていないと本来の効果が得られずに避妊レートは広く下がってしまうので、きちんと呑み積み重ねることが大切です。

 

アフターピル,市販,薬局,窮地避妊薬

 

一方、不時避妊薬として用いられているアフターピルは、なんらかの原因で避妊に失敗してしまった場合や強姦ものの望まぬ性行為を通じて妊娠する可能性が高いときに不時避難チックにあてはめる避妊薬だ。

 

性行為直後72時間以内に1回まぶたを服用し、1回まぶたを飲んでから12時間後に2回まぶたを服用する結果高確率で懐妊を防ぐというユニットの薬が前提だ。

 

アフターピルにも卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されてあり、卵巣負荷ホルモンの分泌を抑制する結果排卵を抑制すると共にボディーを懐妊しにくい状態に変化させることは通常のピル(経口避妊薬)と同じです。

 

但し、アフターピルは短時間で避妊効果を発揮させるために2つのホルモンの本数を数多くやる結果、副作用として一時的に吐き気や頭痛が起こる場合もあります。

 

避妊レートも約80~90%という妊娠するリスクも厳しいので、徹頭徹尾不時避難チックに用いるのふさわしい用法だ。

 

アフターピルターゲットへ

このページの先頭へ