MENU

危急避妊薬のアフターピルを護符として持つ【クチコミレビュー】

身は過去、近隣たち何人かってお酒を飲みに行くことになり、その日は盛り上がって2いつか会、3いつか会と進んでいったのです。

 

そうして、勿論の私もとってもお酒を飲んだことから、通常の選択がつかないような状況になってしまいました。

 

なので、一緒に飲んでいた夫傍らに、いわゆるお持ち帰りされてしまったのです。

 

いまや終電の時間は過ぎていて、他のマミーの近隣とともにその夫友達の住居に泊まりに行ったのですが、そこで酔いがさめていなく、3人類でセックスを通してしまったのです。

 

その夫傍らはとても興奮していて、流れで私の膣の中に射精しました。のち、更に自力の女友達の膣にも中取り出しをしたのです。

 

そのときは私も興奮状態で、気持ち良いとしか感じていなかったのですが、翌朝になって仕方の重大さに気がつき、胸中が白一色になりました。

 

そのときは、二度と自力の女傍らも我に帰り、外見を真っ青としていました。前日の打ち上げは金曜日の夜更けだったので、病棟に行こうにも週間明けを待たなくてはなりません。

 

私ももはや自力の近隣も、両人して妊娠の苦悩を抱えることになったのです。

 

のち、無事に私も既に自力の近隣も、生理を迎えることができて、両人して胸を撫で下ろしたのです。

 

そうして、そうしている間に何かと調べて、非常避妊薬のアフターピルの物を知りました。その内容を二人で共有して、一緒にアフターピルを処方もらい、拠り所がわりにアフターピルを持つようになったのです。

 

こういう見聞を通して、身は必ず恐ろしくなりました。望まないキッズを妊娠してしまったら、そのキッズを産んでも堕胎しても、はじめ生傷が残ります。

 

ですので、それからはこのようなことがないように気を付けていますが、はからずもお酒の勢いで、また正常な選択ができなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

やはりこういう非常避妊薬を使うようなことがない方が良いのですが、持っていればせめて同じ懸念を食らうことはありませんし、誰かを助けて引き上げることもやれるかもしれません。

 

アフターピルトップへ

このページの先頭へ