MENU

アフターピルの売れっ子名物種類

アイピル(アフターピル)は日本の薬局などで市販されて無く、簡単に手に入れることができません。産婦人科へ赴き処方してもらうしか手に入りません。また保険適用外なので、金額も1万円~お隣高額です。

 

ただし、通販であればアイピル(アフターピル)を購入することができます。通販だと無念と思われるかもしれませんが、販売されているアイピル(アフターピル)は日本の産婦人科で処方陥る薬と同じ薬だ。要するに日本の条例が問題で簡単に手に入らない状況になっているんです。しかも保険適用外として法外な金を相談してきますし。

 

ここで紹介する潮流は知名度も激しく、日本の産婦人科も処方され、購入しやすい金順にしてあります。

 

日本国内でアフターピルを手に入れる術は、医者で処方して頂くか、外国から個人輸入代わりによって入手する術だ。

 

外国からアフターピルを入手する形式、外国販売の為即日販売を通しても到着まで5日光~14日光度合いかかります。

 

数日でとどくについては、国内販売の可能性も厳しく、国内から発送してある法人の場合は薬事法に犯行しますので、不法法人や形節度を扱っていない悪質業者の可能性が高くなります。身体に取り扱うお薬の為、安心の形節度を取り扱っている個人輸入代わりを利用しましょう。

 

 

 

アイピルはモーニングアフターピルと呼ばれるイマージェンシー避妊薬で、LNG法(新規アフターピル)は性交後者24時間以内の摂取で約95百分比で避妊が大丈夫という実証データがあります。
全国初のイマージェンシー避妊薬として販売されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品だ。
コンドームが破けてしまった・懐妊を望んでいない年月など、避妊失敗ときの窮地などに活躍する避妊薬だ。

 

アイピルは日本で『ノルレボ錠』というライセンスされ販売されているイマージェンシー避妊薬のジェネリック医薬品だ。
ノルレボは一般的に病舎や医者などでで処方陥るイマージェンシー避妊ピルになります。
そのノルレボの素材とほぼ同じであるi-Pill(アイピル)は信頼性の高いイマージェンシー避妊ピル・アフターピルだ。
同素材につき、同等の大丈夫って効果があります。主にプロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる多種の薬だ。
黄体ホルモンが全身プロポーションをコントロールし、卵巣からの排卵を回避させ懐妊を防ぐ効果をします。また、とっくに排卵している時は、その卵子という精子の受精を防ぐ効果があります。

 

アフターピル,市販,薬局

マドンナ(Madonna)は急場避妊薬(アフターピル)でのちピルというニックネームも呼ばれている避妊薬だ。
日本国内では同様のイマージェンシー避妊薬で、ノルレボのジェネリック薬だ。
通常のピル(避妊薬)は回転でデイリー服用しなければいけませんが、イマージェンシー避妊薬はコンドームが破けてしまった等の想定外の事象で、望んでいない懐妊の可能性が出てきた時や避妊の確率を上げたいら、ホルモンプロポーションを乱して懐妊を防ぐ為の避妊薬だ。

 

急場専用ですので、健康に恐れもかかりますので常用する事は出来ません。 最近では、ご自身の体の事を考えてえて、急場の為にってイマージェンシー避妊薬を常備やる女性がほんま増えております。

 

日本国内の産婦人科でイマージェンシー避妊薬を処方して貰う形式、ノルレボの処方が多いですが、診療費用といった処方箋ってお薬代で10000円程度の費用がかかりますので、10百分比程度の価格によって購入する事が可能です。

 

アフターピル,市販,薬局

アンウォンテッド72(Unwanted72)は急場避妊薬(モーニングアフターピル・のち避妊薬)呼ばれている、通常のピル(避妊薬)は回転でデイリー服用するジャンルの避妊薬とは違い、唯一の性交後に避妊効果のあるお薬だ。
コンドーム使用時の避妊率は80%度合いと言われています。モーニングアフターピルは、「予期せぬ事が起こってしまい、避妊が出来なかった」「コンドームが破けてしまい、避妊出来なかった」等の想定外の事象で、性交後に避妊をしたい場合や懐妊を避けたい形式などに、ホルモンバランスを調整する事で懐妊を防ぐ為の避妊薬だ。
イマージェンシー避妊薬を常用する事は出来ませんので、避妊を続けたい皆さんは低容量ピル等の常用するタイプをご使用ください。

 

日本国内では同様のイマージェンシー避妊薬では、「ノルレボ錠」がありノルレボと同じ有益素材です、「レボノルゲストレル0.75mg 」が配合されています。
アンウォンテッド72(Unwanted72)はノルレボジェネリックだ。
海外ではピルはポピュラーな物であり、薬局で手軽に買う事が可能なお薬だ。
日本国内では薬局で購入する事は出来ない結果、産婦人科でイマージェンシー避妊薬を処方して貰う場合は、ノルレボの処方が多いですが、診療費用といった処方箋といったお薬代で10000円程度の費用がかかりますので、10百分比程度の価格によって購入する事が可能です。

 

このページの先頭へ